「simフリー」の手続きの流れ

 

【SIMフリー・SIMロック完全攻略】格安SIMで得しちゃおう!

 

つい先日、政府が各電話会社に携帯電話にかかるお金がもっと安くなるように、国民がもっと手軽な金額で携帯電話が利用できるように呼びかけました。しかし、まだまだ利用料金は安くなっていません。多くの人が月額1万円弱ほど支払っているのです。政府だけでなく、ユーザーであるすべての人が、もっと安く利用できたら、という希望を持っていることでしょう。各電話会社のキャンペーンやセット、コースなど、次から次にでてくるのですが、どのメーカーも似たり寄ったりの価格であり、結局は利用料はそんなには安くなっていないのが現状です。

 

そこで、最近注目されているのが「simロック」の格安端末です。「simロック」の端末を使った携帯電話生活は、先に挙げた各携帯電話会社が行うキャンペーンなどの割引どころの金額ではないのです。毎月かなり安く利用できるのです。しかし、一般の携帯と違い、頻繁に宣伝がされているわけではありません。ですから、その存在すらしらない人は多いことでしょう。また、どう手続きをしていけばいいのかもわからないことでしょうね。

 

せっかく、携帯電話代を安くできるのに、知らないのはちょっと損した感じですね。ここでは、「simフリー」を利用するにあたり、どうすればいいのか。解説していきましょう。面倒な手続きをしなければいけないと思っているひとは多いことでしょう。実際はそうではありません。手続きを知らないだけであって、やってみると意外に簡単です以下、順を追って説明します。

 

@先ず最初に「simフリー」の入っているスマホやタブレット等の端末を用意します。現在「simロック」されている端末がほとんどですが、docomoやauのスマホはそのまま利用できるようです。よくわからない場合にはお店の人に聞いてみてから購入するといいでしょう。
A「MNP予約番号」を取得します。電話番号はそのままで、変えることができます。
B通信業者(MVNO等)で「simフリー」のカードを購入し、プランを契約します
C「sim」カードが手元に届きます。
Dネットワークの設定を行います。
以上です。どうですか。たったこれだけで「simフリー」が使えるのです。あなたも「simフリー」を考えてみませんか。

「simロック」スマホから「simフリー」スマホに電話番号を引き継ぐためには

 

【SIMフリー・SIMロック完全攻略】格安SIMで得しちゃおう!

 

格安にスマホが使えるならば、「simフリー」にかえてみようと思う人はこの先増えることでしょう。そこで、注意したいことを挙げます。今までのキャリアで使っていた電話番号をそのまま引き継ぎたい場合についてです。これから格安の「simカード」を購入してならば、MNPを利用して「simフリー」のスマホに変える手続きを行うことになります。誰もがそうですが、手続きは面倒で厄介なものですね。確実に手続きをして、スムーズに「simフリー」スマホに変える事が大事です。もしも手続きの途中でスマホが使えないなんてことになれば、今の時代、大変不便になりますね。ここはしっかりと行いたいものです。実際に手続きの中でスマホが繋がらあない、使えない可能性が出てくる時が出て来ます。それを回避するためにも、注意して契約を進めましょう。

 

まず今まで使っていた番号をそのままに、格安の「simフリー」のスマホに変える場合には、キャリアにMNPをする旨を伝えてMNP予約番号を取得することになります。これは携帯電話会社を変えたことがある人は、経験したことと思います。その場合にもMNP予約番号を取得したはずです。そのMNP予約番号ですが、約15日間という有効期限が有るのです。この間に、格安sim会社と契約が完了するようにしなければいけません。まず注意してください。また、これは無料ではありません。今まで使用していたキャリアや通信会社に転出手数料を支払わなくてはなりません。

 

その次に行う手続きですが、実際のMNP予約番号の取得です。そうして格安sim会社と契約し、MNPが完了します。この時に注意してください。手続き完了後に「simカード」が手元に届くまでには、大体2〜3日スマホが利用できなくなるのです。これを回避するためには、イオン等、店舗を持つ格安sim会社で契約することです。そうすれば、その場で「simカード」が渡されますので、使えなくなる心配は不要になります。「simフリー」に変えようと決めたならば、上記のような点に注意をしましょう。

格安「sim」カードの問題点

 

【SIMフリー・SIMロック完全攻略】格安SIMで得しちゃおう!

 

「simフリー」の端末を使うことで、毎月の利用料をぐんと下げることができる。そんな事実、情報を知っている人はまだまだ少ないのが現状でしょう。ほとんどの人は宣伝や広告などを見たり、聞いたりする中で、買い物を決めます。中には、お店で陳列してあるものを実際に手に取って判断して、物を買うことでしょう。しかし、「simフリー」の格安端末の場合、人目に触れることもほとんどなければ、一般に広告や宣伝も見たり、聞いたりすることがありません。これは、各キャリア、携帯電話会社が、「simロック」の普通一般の端末を買ってもらい、そして自社の中で利用してもらうほうが利益を確保できるから、という側面があるからでしょう。「simフリー」、格安「sim」に関しては、情報に敏感な一部の人たちには大いに認められているようです。

 

格安「sim」カードも年々改良されてきています。はじめは通話は考えられていなかったようですが、今では通話も普通にできるようになってきています。益々、一般の端末と変わりがなくなってきています。各通信事業者間の競争の激しさが、ユーザーの利益につながっている、そんな現状と言えます。しかし、まだまだ多くの人に浸透はしていません。やはり問題は宣伝広告がされていないことと、実際に店舗が少ないというところでしょうか。それに対応しているのが「イオンスマホ」でしょう。イオンスマホでは、店舗を構えているのです。他社、例えば楽天やMVNO等は、インターネット上で展開しています。ですから、まずインターネットを普段からしていない人には、全く「sim」カードの情報は伝わらないのです。

 

また、年配の方にとっては、店舗にいる店員とのやり取りをしたうえで契約することが常識です。そんな年代にも対応しているのが、イオンなのです。使い方、仕組み、契約条項など、もしも分からないことがあれば、すぐに直接聞くことが出来るのです。先に挙げた他社の場合にはそのようなことは不可能であり、すべてがネットでのやり取りとなります。これが現代っぽいと言えばそれまででしょうが、、、。しかし、今後は更に販売競争が激しくなることが予想されますから、イオンだけでなく、他社も店舗での販売を行うかもしれませんね。そうして、格安「sim」カードは浸透していくのでしょう。

 

あなたは従来のキャリアのスマホを使い続けますか

 

【SIMフリー・SIMロック完全攻略】格安SIMで得しちゃおう!

 

今、携帯利用料金は関心をもたれています。多くの人が月額1万円ほど携帯電話に使っているのです。国でも各キャリアに対して利用料金の減額を伝えていますから、今後は各キャリアの利用料、また端末代金に変化が出てくることでしょう。利用料金が安くなれば、もって利用する人が増え、また利用頻度も増え、そのことでさらに国が発展していくということでしょうか。今現在、料金を低く抑える有効な方法として挙げられるのが「simフリー」のスマホに移行する方法です。確かに毎月の利用料は下がりますが、「simフリー」のスマホがすべて有利になるわけではありません。また、今現在多くの方がつかっている、各キャリアのスマホでもメリットもあれば、デメリットがあります。これからもキャリアの端末を続けて使っていきますか。それとも買い替えの時に「simフリー」のスマホに替えようと思っていますか。まずは、キャリアのスマホのメリットとデメリットをしっかりと頭の中に入れておきましょう。そうして格安「sim」カードの端末にするのかどうか考えるといいでしょう。

 

ますは、メリットです。
○宣伝などで告示されている各キャリアの通信形態サービスを安定して受ける事が出来ます。
○サービス、対応が行き届いています。もしも使い方がわからない時も、店舗におスタッフが対応してくれます。
○各キャリアが用意しているオプションサービスを受けられます。

 

ではデメッリットです。
○スマホ端末料金が高い。
○2年縛り。高額な端末料金の補填をするために存在するものであり、解約月が決まっており、それ以外での解約では違約金、また端末の残金を一括で支払うなどのデメリットが生じます。
○月々の利用料金が高い。大体1か月1万円弱支払うことが普通です。
「simフリー」にはない、メリットもあれば、デメリットもありますから、よく考えたうえで、「simフリー」に変えることを考えましょう。

「simフリー」スマホのメリットとデメリットを整理してみる

 

【SIMフリー・SIMロック完全攻略】格安SIMで得しちゃおう!

 

毎日、絶えず携帯して使うスマホなどの端末。もう我々の生活に欠かせないものとなりましたね。だからこそですが、毎月かかる費用は安く抑えたいものですし、端末もできればもう少し安く購入出来たら、そう思うのです。そこで近年、利用料や端末購入が安くなると注目されている「simフリー」に関して考えてみたいところです。確かに格安な利用料金などいろんな魅力、メリットが目立ちます。しかし、言いことばかりではありません。メリットもあれば、当然デメリットもあるのです。実際に購入して使う前に、そこのところを整理してみましょう。

 

まずメリットです。
○利用料金が安い・・・最大の魅力ですね。各キャリアのスマホを購入して「simロック」のカードが入ったものを使う場合、月額使用料は1万円弱になることが多いですが、「simフリー」のスマホではかなり安い金額で利用できます。「simフリー」のスマホの一番のメリットです。
○キャリアに縛られない・・・「simロック」ですと一般に2年縛りと言われるように、各キャリアとの契約があります。自由にキャリアをえらぶことが出来ませんが、「simフリー」のスマホであれば、いつ、どこのキャリアを使っても構いません。キャリアでお得なサービスが始まれば、何の縛りもありませんから、すぐにそちらに行こう出来るのです。

 

ではデメリットです。
○キャリアのオプションが使えない・・・各キャリアが販売する「simロック」の端末には、サイフケータイやワンセグと言った機能がありますうが、「simフリー」を付加した端末ではそのような便利なオプションは利用できません。機種によってはデザリングも出来ません。
○機能が悪い・・・最近は改善方向にありますが、スペック、機能などが劣るようです。
以上、簡単に「simフリー」のスマホのメリット、デメリットを挙げました。先に解説した「simロック」のスマホのメリットとデメリットも合わせて考慮して、自分の使い方に近いものを選ぶ事が賢明ではないでしょうか。

格安「sim」を利用したいと思うかたへチェックすべきポイント

 

【SIMフリー・SIMロック完全攻略】格安SIMで得しちゃおう!

 

格安「sim」を利用することで、毎月の携帯利用料金がぐっと低く抑えられます。これは多くの方にとって大変魅力的なことでしょう。今現在各携帯電話会社がいろんな格安なセットやコースなどをアピールしていますが、格安な「simフリー」を使うことでそれら以上に格安な携帯ライフが遅れるのです。今、正に注目すべきことでしょう。我々の生活は、もう携帯電話なしでは送れないほどになっていますから、利用料金を格段に下げることは、今後も重要なことなのです。これからもっともっと「sim」に関心を寄せましょう。ここで、格安な「sim」会社を選ぶポイントを紹介しましょう。

 

○通話の有無を賢く選択する・・・格安の「sim」では、通話の有無を選択する事が出来ます。あなたは音声通話が必要でしょうか。もしも家に電話があり、ほとんど家にいるのならば通話は必要ないですね。もし必要な場合、どれくらいの通話時間が必要で、どの位の利用料金になるのか。今現在利用している料金との差をはっきりさせましょう。各キャリアから格安simへはMNPで電話番号の引継ぎが出来る様になっていますから心配はいりません。

 

○格安simと端末が合うか・・・まずはお好きな「simフリー」のスマホを用意しましょう。たいていは格安simが利用する事が出来ると思います。しかし「simロック」されたスマホを使う場合には注意が必要です。格安simというのはその回線に適応しているかどうか確認しなくてはいけません。
どのキャリアを使おうとしているのか。その時にそのキャリアの回線が利用できるのかどうか、チェックしなければなりません。動作確認済みなのかをチェックした上で格安simを購入することが重要です。もうひとつ、「simカード」にはサイズが有る場合が有ります。使用する端末に合わせて選ぶことが大事です。
これら2点を確実に確認してから格安「sim」を利用するようにしましょう。